野菜のこだわりとコンセプト

イーズは野菜にこだわります。

有機栽培の固定種野菜をはじめ、顔の見える生産者さんからの
味が濃く、栄養価の高い元気で健康的な野菜をお届けします。
生の野菜から、サッと茹でたり、香ばしく焼いたり、じっくり煮込んだり
野菜たちの様々な表情をご堪能ください。

kodawari1kodawari2kodawari3

 

『野口のタネの固定種野菜』

現在、世界の大手種苗会社が販売する種は、ほぼ100%が「F1(一代雑種)」と呼ばれる、農家が独自に種を採ることができない品種です。食べやすく均一な味わいの野菜になる。一方、「在来固定種」は、繰り返し採種ができるため、地域に根付いた在来種特有の形質が、農家の手によって独自に引き継がれていきます。個体差があり、色や形、大きさが不揃いになったり、成長速度にばらつきもあり、栽培しづらい面もあるが、野菜自体は味が濃く、個性的で栄養価も高い。

 

飯能市にある、野口種苗研究所(野口のタネ)で販売している在来固定種は認知度も高いブランド種である。代表の野口勲氏は各地で在来固定種の普及活動や、種苗による人体への影響に関する講演など、幅広い活動を行っている。

 

野口氏は、「F1種は雄性不稔化させ人為的に交配させ雑種作る。雄性不稔とは、ミトコンドリアの遺伝子異常であり、子孫繁栄のリスクを高める。F1を摂取することで母体遺伝するため、人類の子孫繁栄に影響をきたす可能性がある。固定種はそういうリスクがすくない。」と提唱している。主な著書に日本経済新聞社「タネが危ない」、創森社「固定種野菜の種と育て方」、「いのちの種を未来に」などを出版。
日本農業を席巻するF1が抱えるリスクを指摘し、個性的な風味や形質を持つ固定種野菜の価値を見直し、自家採種をして伝統野菜を守り育てる大切さを訴えている。

 

そんな、固定種の野菜を育てる作り手さんから直接届く、元気で力のある健康的な野菜を中心に、有機栽培の農家さんのこだわり野菜を届けます。
調理もパンからデザートまで、手作りで心を込めて作ります。生産者の方々が丹誠込めて作った素材をお客様の口に入るまでのアンカーとして責任ある料理を提供します。素材を生かした調理を心がけます。

コンセプト

IMG_1397

本日はご来店いただき誠にありがとうございます。
素敵な時間になりますように。

 

イーズパッションは『美と健康』をテーマに
『美味しくて、身体に良くて、幸せになる』
を追求するレストランです。

 

人の身体は2年で99%入れ替わると言われています。
つまり2年後の自分の身体は2年間何を食べたかで決まるんですね!
肌にも身体にも何を食べたかが非常に重要なんです。

 

 

 

 

イーズも開業以来10年がすぎて、これからただ営業をつづけていれば良いのかと
考えた時に、存在価値を考えた時に
ご来店してくださったお客様に笑顔で元気で居て欲しい!!
と思ったんです。

 

IMG_1418

最初は彼氏彼女の関係でご来店されてた方がお子様も生まれ、
5人家族になって嬉しくなったり、
しばらくみえないな〜っと思っていたら、実は入院してたんですと心配したり

 

そんな、お客様の近況をうかがうと、
心底、みんなに笑顔で元気で居て欲しいと思うんです。

 

だ・か・ら

 

 

イーズは素材にこだわります!!
みんなに笑顔で元気でいてほしいから。
食と美と健康はつながっています。

 

私は、食を長年、仕事としてきて、たどり着いたひとつの答えがあります。
自然の摂理に従う事。

 

旬をいただく

例えば、砂糖。熱帯の植物であるサトウキビからできる砂糖は身体を冷やす作用が
あるのに対し、寒冷地でとれるてんさい糖は身体を温める作用があり、季節や用途によって使い分けます。

 

例えば12、1、2月が旬の国産レモンと牡蠣。海のミルクと言われる牡蠣はもちろん栄養価がたくさん。中でも、亜鉛は汗をかきにくい冬場に肌のターンオーバーを促進し、健やかな肌へと導き、デトックス効果も。この牡蠣にレモンをたらすと!

レモンのビタミンCはコラーゲンの生成、鉄や亜鉛の吸収を助け、

風邪予防、美白効果など、味的にも栄養学的にも牡蠣との相性抜群です。
IMG_1403例えば、4月、5月病など何となくまったりしてしまう時期のたけのこ。

筍には、チロシンという物質が含まれており、ドーパミン、ノルアドレナリンを分泌させ、

脳を活性化してくれます。

筍を切った時に白い粉が出てくる事がありますが、まさにこれがチロシン。

取り除かないように食べましょう。

 

 

 

 

例えば初夏のそら豆やエンドウ豆などの豆類にはビタミンB群が豊富で、夏の身体に変化できていない時に急に暑くなると皮脂の排出が遅れますが、このB群が皮脂の分泌を調節して、季節の変わり目の肌トラブルを防いでくれます。
例えば夏野菜を代表する胡瓜やトマトにはカリウムが多く含まれ、夏バテの原因のカリウム不足をおぎないます。更にトマトのリコピンは抗酸化作用と日焼け防止効果があり、美肌に最適です。
例えば、夏から秋にかけて旬のイチジクは不老長寿の果物と言われるくらい栄養価の高いフルーツです。体力の落ちる季節に最適なんですね。

 

 

IMG_1402

イチジクは特に女性にオススメの食材で、

アンチエイジング効果、更年期障害予防、便秘予防、

ガン予防、むくみ予防、貧血予防、女性ホルモンを整える作用など
まさに万能薬的食材です!

 

 

 

 

 

例えば、食欲の秋。夏にたまった疲れを回復させ、冬の寒さや、乾燥、ウィルス対策の免疫を高める食材がたくさん!
この時期にできる青唐辛子と青柚子で作る柚子胡椒も自然の摂理そのもの。
例えば冬野菜。根菜ですね。根菜は身体を温め、寒さや風邪から身体をまもってくれます。豊富なビタミンC、Eは免疫力を高め、血行をよくしてくれます。

 

肌の保湿効果も!
冬で言えば、鍋に書かせない水菜や春菊。
水菜は室内でも温度差のある冬場に多い心筋梗塞の予防や血圧の上昇を抑える効果。春菊は免疫力アップで風邪予防の代表格です。

 

まだまだ、たーっくさんありますが、すべて自然の摂理です。

 

自然の摂理『食、美、健康』をお届けします。
こんな情報もイーズのFacebookでお届けしています。

 

料理とは

材料を自然の摂理に従って加工すること
だとイーズは考えます。

だ・か・ら

IMG_1414素材を生かした料理を提供します。

こだわりの生産者さんから届く素材は味が濃く、風味香りも豊かです。
調味料で味を足すのではなく、素材の力を引き出します。

パンも無理に練り上げるのではなく、グルテンが自然につながる力を利用します。
昔から受け継がれて来た調理法を尊重し、新しい発想も取り入れ
より美味しく、健康的な料理を目指します!

 

 

病院の先生や薬剤師の先生がたも口を揃えておっしゃいます。
健康的な食生活を送っていれば、薬は必要ないと。
病気になってしまったら、必要ですが病気になりにくい身体を力のある野菜で!

 

そして、楽しむこと、幸せを感じること。
大切な人との時間を楽しく笑顔になるよう
スタッフ一同心を込めておもてなしいたします!
それが、私たちの喜びです。